消防法における非常用発電機負荷試験の規定が改訂について


〇改訂のポイント

①年一回の運転性能に係る点検方法として、負荷試験か内部観察のどちらかになったこと

年一回、実負荷試験 or 模擬負荷試験 or 内部観察のいずれかを実施

内部観察とは


②予防的な保全策が講じられている場合には、運転性能に係る点検(負荷試験か内部観察)の周期を6年に延長できること

予防的なメンテナンスをしていれば、実負荷試験 or 模擬負荷試験 or 内部観察は6年に一回で良い


③予防的な保全策については、消防用設備等の点検要領一部改正の18ページに記載

予防的な保全策=ディーゼルエンジンとして当たり前のメンテナンス(点検と消耗品の交換)です

予防的な保全策について


④これまでに運転性能に係る点検を実施済みの非常電源(自家発電設備)への対応

現行法に基づき、これまで実負荷試験 or 模擬負荷試験を実施している場合は、

予防的な保全策を講じれば、実負荷試験 or 模擬負荷試験 or 内部観察は6年に一回で良い

平成29 年6月以降に現行規定に基づく負荷運転を実施している非常電源(自家発電設備)については、
運転性能の維持に係る予防的な保全策を講じることにより、運転性能に係る点検を実施しないことができること。

平成29 年5月以前に現行規定に基づく負荷運転を実施している非常電源(自家発電設備)にあっても、
当該負荷運転を実施して以降、運転性能の維持に係る予防的な保全策を講じていたことが過去の記録等により確認できるものに限り、
当該負荷運転を実施してから6年を経過するまでの間は、運転性能に係る点検を実施しないことができること。


⑤製造から6年経っていない非常電源(自家発電設備)への対応

製造から6年経過していない非常電源(自家発電設備)についても、予防的な保全策を講じれば、

6年を経過するまでの間は、実負荷試験 or 模擬負荷試験 or 内部観察を実施しなくて良い

平成29 年6月以降に製造された非常電源(自家発電設備)については、運転性能の維持に係る予防的な保全策を講じることにより、
製造年から6年を経過するまでの間は、運転性能に係る点検を実施しないことができること。

平成29 年5月以前に製造された非常電源(自家発電設備)にあっても、製造年以降、
運転性能の維持に係る予防的な保全策を講じていたことが過去の記録等により確認できるものに限り、
製造年から6年を経過するまでの間は、運転性能に係る点検を実施しないことができること。


⑥ガスタービンを原動力とする自家発電設備は負荷運転を不要としたこと

ガスタービン発電機は負荷試験の必要なし